スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2018年05月06日

デュアルドライブシステム バレットM82







完成いたしました。

デュアルドライブシステムバレット

簡単に言うと電動ガンとガスブローバックエンジンの両方を搭載して

いっぺんに動作させるシステムです。

従来の方法で電動ガンをベースにブローバックを作った場合だと

ボルトストロークをせいぜい4センチ

電子制御でピストンコントロールしたとしても6センチが限界です。

ガスブローバックでボルトを激しく動かす場合どうしても問題に

なってくるのが気温やガス圧で初速が大幅に変動してしまい

最悪の場合に初速が規制値を超えてしまう恐れがあります。

そこで考えたのが弾の発射は電動ガンで

ブローバックをガスにして

ガスと電動の長所を生かし短所をお互いでカバーする方法です。

この方法だと初速を仮に95で設定しても

気温が低くても気温が高くても95で射出されます。

基本構造は電動ガンなのでガスを供給しなければ普通の電動ガンになります。

肝心のブローバック性能はストロークが16センチ(正確にはゴムダンパーが入るので15.5センチ)

ボルトのスリットが細くなる所が16センチ付近になります。

ボルト重量は控えめで200グラムなのですが16センチ激しく動かすと

結構ヤバイです。



メカボックス左に見えてる真鍮のがボルトの内側です。

現状はハイスピードブローバックを狙ったので200グラムですが

たぶん400ぐラムぐらいまでは増量できそうです。

その際の耐久性は未知ですが…



ボルトが激しく動くのでボルト後退時と前進時にぶつかる部分は補強してます。

スノーウルフの素の状態だと上下フレームの結合が

フレーム後方のピンとフレーム中央の爪だけなので

最悪の場合ブローバックの衝撃に耐えられないのも予想できるので

フレーム後方のピン 中央の爪  中央にビス4本追加 フレーム前方でバレル含めビス止め

4か所でがっちり結合するようにしました。

テストで300発ほど撃ったのですが変形や破損は見受けられなかった

ので大丈夫だと思います。

ガスブロ部分の燃費なのですがグリーンガス2の小型ボンベ15グラム

をレギュレーター最大圧(5気圧)で撃った場合フルストロークで120発で、

しょぼいストローク6発でした。

対物スナイパーライフルとして考えた場合十分な弾数だと思います。

シリンダーストロークが普通のガスガンの5倍に相当するのにこの燃費は

正直驚きました。

推奨パワーソースとしてグリーンガス2がサイズ的にも丁度良いと思います。

未確認なのですがフルサイズグリーンガスだと500~600発は撃てると思います。


作動の動画です。

iPhoneやスマートフォンでの視聴の場合
スピーカーではなくイヤホンで聞く事をお勧めいたします。
iPhoneの場合ボリューム最大から2つ手前がベストになります。

https://www.youtube.com/watch?v=7C54vOeQoV8


https://www.youtube.com/watch?v=qCY_pOWZbY8


https://www.youtube.com/watch?v=7T_z6HWCDg0



iPhoneでの撮影になります。
iPhoneのマイク性能なのか低音がスポイル
されてしまうので作動の雰囲気が全てお伝えできてないです。
実際はもう少し低音になります。

こちらのバレットのカスタムは受注でお受けいたします。
価格はSWバレット本体持ち込みで79800円~となります。

お問い合わせは左の オーナーへメッセージ からお願いいたします。


今年は本業が忙しいので派手にオーダーを受ける事はできないのですが
地味にカスタムオーダーを開始いたしますので
上記バレット以外もご相談ください。









  
Posted by ブラックホーキンス at 01:19Comments(0)カスタムガン