2015年02月23日

全てのオーダー再開と新しいプロダクト



大変お待たせいたしました。

ミニミ含め全てのオーダーを再開いたします。


それと、

新しいプロダクトとして

前は ONE.OFF.LINE と言うカテゴリーを考えていたのですが

ちょっとカッコ付けすぎなので

オレだけのウエポンって事で。

オレポン 

ってカテゴリーを作ります。

市販品のままとか、カスタムパーツを付けただけでは満足できないとか

ココをどうにかしたいとか

人それぞれ色々なコトを自分の愛銃に考えていると思います。

現実可能な事から現実不可能な事まで

他店で断れた物や他店でダメにされた物まで

外装やギミックの追加だけではなく

性能の低い物や調子の悪い物まで

言い出すとキリが無いのですが

その辺を全てご相談に乗ります。

もちろん予算や技術的に不可能な事もあると思いますが

出来る範囲でなんとかいたします。


過去の例は以下になります。



スタンダード電動ガンG3をベースに

リコイルユニットとブローバックメカを搭載させ、

マガジンをAK47仕様のPTR32になります。

https://www.youtube.com/watch?v=IygTUNUfuM8




スタンダード電動ガンステアーAUGをベースに

リコイルユニットとブローバックメカを搭載させ、

マガジンをロングマガジン仕様のシュタイアーAUG/SFになります。

https://www.youtube.com/watch?v=kGJKs6g-MYs

https://www.youtube.com/watch?v=ojsKBSlT128



一番最近に製作したS&T スターリングにブローバックメかを搭載いたしました。


https://www.youtube.com/watch?v=1s_FnTNBR7k




AGM MP44にリコイルメカとブローバックギミックを搭載して

外装の金属部分をブルーイング 木製パーツをオイルステインによる仕上げ治し

グリップ部をベークライド風塗装を施しました。

https://www.youtube.com/watch?v=QaL1aaAJzQE


画像が見つからなかったのですが

次世代バレット
https://www.youtube.com/watch?v=mW6rIMIiGx4

次世代M60
https://www.youtube.com/watch?v=ySgttONCJ3I

内部チューンの弾道動画VSR
https://www.youtube.com/watch?v=jQJBTFYJHyA

内部チューンの弾道動画電動
https://www.youtube.com/watch?v=RnlJdsQDsHI

ギミックだけではなく

遠距離での弾道性能にも自信あります。


簡単な物だと



MK46風ガスブロック




プラフレームを金属風塗装を施した物


過去の物を現代の性能に引き上げたMGCキャリコ



海外のデチューンの為に国内では使い物にならない性能のガスボルト


過去の製作例で思いつくモノを並べてみました。

ウチで出来る大体の事は上記でご理解頂けると思います。


価格等もショッピングサイトの価格からある程度は予想つくと思います。

http://monster666.thebase.in/


目安にして下さい。


長くなってしまいましたが

このような感じの 

オレポン始めます。 


ご質問やオーダーは

←こちらからメッセージでお願いいたします。



  
Posted by ブラックホーキンス at 22:47Comments(0)カスタムガン

2015年02月22日

S&Tスターリングブローバック






大好きな銃なので買ってしまいました。

過去に買ったアサヒ製も含めると7丁目のスターリングになります。



アサヒ製と比較すると太くて短いですね。

材質の違いとかもありますが

まったく違います。

ストックの展開方法なんてアサヒと違いすぎて

アサヒと同じ方法でストックを回転させると壊します。

どちらがリアルなのかは不明ですが

本当に外装の雰囲気は良いです。

肝心な実射なのですが

箱出しで0.2gで91悪くありません

…なのですが

全然ダメです。

とにかく給弾がダメで

2発給弾と弾ポロが酷いです。

事前にネットで情報を集めていたのですが

この症状はあまり出てませんでした。

事前に調べた情報だと、

① 初弾が不発
② セミが利かなくなる
③ カットオフレバーが削れる
④ HOPパッキンがめくれる
⑤ HOPが弱い

上記の不具合fがあるみたいなので
分解して調べてみました。

大きな問題箇所は2点



タペットを完全に前進させたところ



ノズルとパッキンが密着させて丁度良い部分



デフォルトの状態だとノズルが完全に前進しすぎて

チャンバーパッキンに突き刺さる事になります。

①④⑤の原因はココになります。

BB弾が前進しすぎてパッキンの凸を通り越してしまうので

弾ポロするしHOPも弱いです。

たぶんメーカーもそれに気が付いたんだと思います

その部分を少しでも改善しようと



ノズルの穴を大きくして少しでも弾を後退させようとしているのですが

コレが逆効果で、ノズル後退時に弾が2発チャンバーに流れこんでしまいます。



写真では白飛びしてわかりにくいのですが、

タペットの前にプラ版を貼ってノズル前進量を規制すれば改善されます。

ノズル長は23.8で一番近いノズルがG36になります

なぜかG36のノズルは23.8と24.2の二種類あるので23.8を選んでください。

シリンダーヘットのパイプの太さが独自サイズなので

Vr3用シリンダーヘッドを使います。

ここまでの改良で給弾関係は改善されます。

次はカットオフなのですが



思いっきり単純明快です。

カットオフレバーの成型が悪く若干反ってます。

それがサイドプレートに干渉して動きが悪くセミが利かなくなります。

その状態で使い続けるとカットオフが削れていきます。

なのでカットオフレバーがサイドプレートに干渉しないぐらい

削れば問題解消されます。


ここまでは不具合関係なのですがココからは趣味に走ります。

S&Tのスターリングの見た目で一番残念なのがボルトです。



ボルトを削って凸モールドを作りました。

S&Tの状態だと銀色なので黒染めしました。

この改良でだいぶ見た目が引き締まります。

それと一番の改造が

https://www.youtube.com/watch?v=1s_FnTNBR7k

ブローバックさせました。

亜鉛のボルトとスティールフレームの反響音がイイです。

ブローバックは凄く簡単に作れました。

構造的にはCYMAのMP5の構造を

参考に作ってます。

ボルト重量が100グラムほどなので

リコイルはそんな無いですが

撃っていて楽しいです。

ウチのカスタムは極力ギアノイズを減らすように

調整しているので

電動っぽくない作動音に聞こえるかもしれないですね。









  
Posted by ブラックホーキンス at 23:46Comments(14)カスタムガン

2015年02月14日

CT5ラスト1個になりました。






おかげさまでCT5組み立てキットも在庫ラスト1個になりました。


今後の生産は無いので

最後の1個となります。

SASやUKSFを目指すには必須アイテムなので

押さえておいて損の無いアイテムだと思います。




販売価格 8640円(税込み)

配送は基本レターパックとなりますのでプラス510円かかります。



←のメッセージのトコロからお願いいたします。

※ ツイッターやミリブロアカウントをお持ちの方は
お手数ですが本名とアカウント名もお願いいたします。





Next Product




自分用に買ったのですが苦労してます。
左がS&Tで右がアサヒです。  
Posted by ブラックホーキンス at 21:58Comments(0)ct5

2015年02月03日

角丸めバージョン



湯流れテストで出来たテストショットも捨てるのはもったいないので

実物っぽく角を丸めてみました。

奥が製品で手前が角丸めバージョン

色も真っ黒よりグレーのが本物っぽいです。

角を丸めて全体的にペーパーかけて

ライトサンドのスプレーとかで軽く汚すとリアルだと思います。



在庫なのですが

おかげさまで初日に半分売れてしまいましたので

残り7個となりました。

今後の生産は無いので

最後の7個となります。

SASやUKSFを目指すには必須アイテムなので

押さえておいて損の無いアイテムだと思います。




販売価格 8640円(税込み)

配送は基本レターパックなのですが

複数購入の場合、ヤマト便の送料着払いを予定しております。

ご購入希望者は

←のメッセージのトコロからお願いいたします。

※ ツイッターやミリブロアカウントをお持ちの方は
お手数ですが本名とアカウント名もお願いいたします。
  
Posted by ブラックホーキンス at 00:51Comments(0)ct5

2015年02月01日

リアルサイズCT5再販開始







TACMIC CT5を再販いたします。

今回は完成品ではないので

組み立てキットとなります。



基本、穴あけや削りなどの加工をしなくても

ネクサスPTTがすんなり収まります。

表面のゲート跡とパーティングラインをを処理して

付属のゴムシートを短冊状に切って

サイドと下部のコネクタープラグに接着して

そのコネクタープラグを本体のダボ穴に合わせて

接着していただければ最低限の仕上がりで完成いたします。

細かい気泡とかもありますので

パテ処理や塗装をすれば

さらに仕上がりも良くなると思います。

コネクタープラグ以外は一体成型なので

サバイバルゲーム等で激しく使用しても

部品の欠落は少ないと思います。(なにげに1番重要だと思います)


そしてここからが重要な事なのですが、


今回、本物のCT5と比べる機会がありまして

比較して見たところ

大まかな外観寸法が本物とほぼ同じでした。

たぶん国内で入手できるレプリカで唯一の

CT5リアルサイズと言えるかもしれません。

このCT5製作当時は写真を参考に作ったので

その時はわからなかったのですが

実物はだいぶ角が丸いです。

なので仕上げる時は角を少し丸めると

より良い仕上がりになると思います。


そして今回の製作した14個で最後になると思います。



販売価格 8640円(税込み)

配送は基本レターパックなのですが

複数購入の場合、ヤマト便の送料着払いを予定しております。

ご購入希望者は

←のメッセージのトコロからお願いいたします。

※ ツイッターやミリブロアカウントをお持ちの方は
お手数ですが本名とアカウント名もお願いいたします。
  
Posted by ブラックホーキンス at 20:55Comments(0)ct5