2014年04月16日

究極MP5



AUGはまだか?

との声が聞こえてきそうなのですが

お客様の依頼でMP5を製作していました。

タイトルは少し大袈裟なのですが

私が知る限りでは1番良いのでは?

と思えるMP5です。

TM製でもPTW5でもVFCでもないです。

CYMAです。

なーんだCYMAかぁ

どーせTMのコピーでしょ?

と思われてしまうのですが

全然違います。



私の私物のMP5と並べてみました。

箱出しでフルメタル外装の時点でTM製と差が付くのですが



グリップ形状がTM製とは全然違います。

握り心地はPTW5に近く言葉では伝えにくいのですが

薄くて硬いです。

形状自体もJACの流れのTM製と比べても丸みが少なく角いです。



フロントサイトもプレートが別パーツでリアルです。

この辺はPTW5でもVFCでも再現されていますよね。



エジェクションポートから見えるボルト形状もリアルです。

モチロン稼動します。



HKファンなら一度はやってしまうコッキングハンドルの叩き込み。

TM製はコッキングハンドル根元をフレームに当てて止めてますので

簡単にコッキングハンドルが折れてしまうのですが

CYMAのは寸止めなのでTM製と比べ折れにくいです。

ここまでの特徴を書くと

PTWのバーストや本体剛性

VFCのGBBならではのリアルな構造

に負けてしまいそうなのですが、

CYMAは上記2社より優れてる部分があります

AIRSOFTとして決定的な部分で

「オールシーズン正確に弾を飛ばす。」 と 「ストック形状を選ばない」


それと

ブローバックする

これが一番のウリで

リコイルこそ少ないですが

発射と同時にボルト閉鎖の金属音が響きます。


ただコレが最大のウリなのですが同時に最大の欠点なのです。

CYMA純正ピストンが材質的に弱いのと

特殊形状なのでピストンクラッシュと同時にブローバック機能もオミットされてしまいます。

今回の依頼もコレが原因で当方に修理に持ち込まれました。

ミニミやAUG作ってるなら簡単でしょ?

との事で当方に話が流れてきました。

他店さんの修理見積もりだと

社外ピストン又はTM製ピストンに組み替えてブローバックキャンセルにされてしまうらしいです。

それでは最大のウリを無くしてしまうので

当方ではTM製ピストンor社外ピストンをベースに強化ブローバック用ピストンを作ります。

上記ピストンをCYMA形状に作り変え

ボルトと噛み合う部分をアルミから削り出し

上記ピストンと合体させました。

これでピストンの耐久性を向上させてブローバックも絶好調と言いたいトコなのですが

もう一つ欠点があり

ボルトリターンスプリングが弱くボルト前進と発射の同期がイマイチ合ってません。

そこで

スプリングガイドにスリーブを噛ませてテンション調整いたしました。

これで快調ブローバックが楽しめます。


https://www.youtube.com/watch?v=fyICq-Rfejo&feature=youtu.be

動画をUPしました。





強化ブローバック製作 (ブローバック関係の調整と修理) 13000円(税別) ※ピストン代別途必要

強化ブローバック製作及びメカボ調整 (上記+調整)   18000円(税別) ※ピストン代とお好みパーツ代別途必要


※MP5Kは構造が違う為製作できません。









現在ミニミの製作が3丁入っていますので

MP5の製作までには少しお時間頂くと思います。


お問い合わせ

WEBショップmonster.element

http://monster666.thebase.in/








  
Posted by ブラックホーキンス at 23:19Comments(0)カスタムガン