2013年02月04日

過去の遺産と今後の流れ。(次世代L110製作記)





過去の遺産が大量に発掘されました。

10年以上前に作っていたマガジンのパーツです。

マルイm4マガジンのケースを利用して

アサヒタイプのエアー給弾用マガジンを作る材料です。(たぶん100本分くらい?)

この当時はマルイM4用メタルフレームに

アサヒ又はJACのユニットを搭載して

電磁弁で駆動しておりました。

HOP機構もマルイHOPバレルを利用していたので

飛距離も命中制度も電動以上の物でした。

作動圧も2気圧からで

2.8気圧で1ジュール出していたので

どんなパワーレギュレーションにも対応できる物でした。


銃刀法が改正される以前は電磁BVや電磁セミ&フルやモータードライブ電磁や電動ガン用ガスシリンダー

などを手がけていたのですが

流石に今はAIR物は需要も無く作っても仕方ないので

電動ガンベースでリアルな作動とリアルなギミックに方向転換しました。

その時の工作技術と知恵をフル動員して作ったのが

今回の電動ベルトフィードミニミです。





今回の1丁は自分用なのですが

近いうちにクローン(通常の米ミニミで)を数丁製作して

販売を考えております。

個人製作品なので製作数や納期に

限界があるので少数なのですが

クオリティの高い物を作りたいと思っています。

販売に関する詳細は決まり次第お伝えする予定です。


  

Posted by ブラックホーキンス at 00:38Comments(8)カスタムガン

2013年02月03日

次世代L110(M249)の製作その4



バレルとハイダーの塗装が終わりました。

ノーマルのベタ塗り黒が気に入らなかったので

スチールバレル風の塗装を施しました。



アルミから手作業で削り出したインジケーターとアルミ棒を曲げて

作ったピンはアルミブラックでブルーイングで仕上げました。

この手の可動パーツでアルミ製の場合

塗装だとスグにハゲてしまうので黒染めが一番だと思います。



バレルとフィードカバーはプライマーの後にアルミサッシ用の塗料で下塗りしてから

調色したラッカー塗料をエアブラシで塗装してます。

フィードカバーはバレルと質感を変えたかったので

青みかかった黒で塗装したのですが、

写真を撮りわすれました。


乾燥後に本体に組み付ければ完成です。


  

Posted by ブラックホーキンス at 21:54Comments(0)カスタムガン