2011年01月02日

CA870サウンドチューニング


昨年最後の依頼品はマルゼンのCA870のチューンでした。

内容は勝手に好きにやって。

って内容なので好きにやらさせていただきました。






純正プラフレーム一式&プラアウターが傷だらけだったので

もっと傷だらけに見えるようにエイジング塗装しました。

内部のチューンは、

サウンドを大きく鋭くする為にアウター内部にサウンドファンネル形状のインナーアウターバレルを

製作してアウターバレル内での適切な反響空間を作り出し、

純正の「ポン」って音から「パン」って音に作り変えました。

音を大きくする為にインナーバレルを120mmまで短くして

その分の初速低減分を1.2Jスプリングでおぎない、

0.2g弾で85/ms以内に抑えることができました。

強化スプリングを入れることによるピストンへのダメージを考え

純正品を強化した強化ピストンを組み込みました。



この銃の最大の欠点であるHOP機構も新規に作り変え、

0.28gで純正の倍(目測)の飛距離を得ることが出来ました。

HOPの オン オフ による測定時の誤差を無くす為に、

固定HOP化いたしました。



最近この手の飛距離UPチューンを売りにしている業者さんや

チューナーの方を拝見いたしますが、ほとんどの方が

○○メートル達成とか○○メートル飛んだとか記載しておりますが、

ノーマル状態との比較対象がないとイマイチイメージが伝わらない

し信憑性もないので、

今後、当ブログではメートルでの最大飛距離測定ではなく

ノーマルとの比較でお伝えしようと考えております。


  

Posted by ブラックホーキンス at 20:02Comments(2)カスタムガン